お知らせ

新年のご挨拶:CACAOLOGYの2022年の6つの挑戦

2022.1.4

CACAOLOGY代表の佐々部一宏です。
皆様、新年明けましておめでとうございます。

チョコレートベンチャーブランド「CACAOLOGY」が誕生してから1ヶ月。世の中はコロナウイルスの猛威に予断が許さない状況ではありますが、無事に2022年という新年を迎えることができました。

ご贔屓いただいているお客様、
パートナーの皆様に、改めて感謝を申し上げます。


昨年を振り返ると、コロナウイルスが猛威を振るった暗いニュースが多かった中でも、東京五輪オリンピック・パラリンピック開催、コロナワクチンの開発・接種の普及など、明るい兆しが少しずつ感じられることもできた1年だったと思います。

チョコレートベンチャーブランド「カカオロジー」は、一昨年2020年7月、コロナウイルスが猛威を奮い始めた時期に、企画が開始しました。そして昨年末の2021年12月1日にブランドとして誕生し、一般販売を開始しました。

普通このような状況下で、新しいブランドを立ち上げること自体が無茶苦茶に思われる方もいると思います。

しかし、逆に困難な状況だったからこそ生まれたのが、カカオロジーだと思っております。

この2年間、世間の状況が刻一刻と変化し、当たり前だったライフスタイルが大きく変えざるをえなくなり、これまでの常識が通じないことへの不安や不満が広がりました。

私自身もこのような状況下は、暗中模索する日々でした。
しかし、今までの常識やライフスタイルが大きく変化した状況だったからこそ

「スイーツの本質とは何か」

という本質的な問いを、開発メンバーと追求する機会ともなりました。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

「人が豊かに生きるとは何か」

という問いかけだと捉えて、私たちなりに全身全霊をかけて取り組んできました。

 

その問いへの答えが「CACAOLOGY」というブランド。そして「IMAGINE」というブランドコンセプトです。

この上記のカカオロジーのコンセプトにあるように、

「カカオの個性の先にある新たな世界に思いを巡らせ、
その先にある形を人の持つ感性と想像力で形にする。
“当たり前”を自ら主体的に変えていく。」

このコンセプトには、カカオロジーはスイーツを作って提供するだけではなく、スイーツを通じて社会に意味ある価値を提供し続けていく、という想いを込めています。

「当たり前が変わる瞬間」

これを生み出し続けていくのがカカオロジーの本質だと思っています。

そのような経緯で誕生したCACAOLOGYにとって、
2022年は未来への礎となる非常に重要な1年となります。

販売を開始して1ヶ月経ち、これまで300セット近くの
「カカオクリュ」をお客様に届けることができました。

そしてカカオクリュを食べたお客様からは、感動の声・感激の声を、老若男女を問わず多くの方々から聞くことができています。

私たちにとっては、この感動をさらに多くのお客様にお届けし、チョコレートを通じた豊かな時間を生み出すための1年にしていきたい。

そのために2022年を通じて、以下の6つの挑戦をおこなっていきます。

(1)ブランド開始から毎月発表するシーズナル・クリュ12種類「SEASONALシリーズ」の完成

(2)カカオクリュの新しい形に挑戦する商品シリーズ「LABOシリーズ」の開発

(3)代表の佐々部が直接企画するスペシャルシリーズ「CACAOLOGYSTシリーズ」の開発

(4)「カカオ辞典」で、チョコレートの様々な世界を伝えるコンテンツを毎月発信

(5)「カカオロジストノート」で、カカオロジーの世界を紐解く記事の毎月発信

(6)「カカオロジストノート」で、オリジナルコンテンツ企画の開始

これらは現在準備中のもの、これから新たにスタートするものもあります。

全ての挑戦を通じて、カカオロジーというブランドとカカオクリュを更に多くの方に知ってもらい、お届けすることを目指しています。

そして「当たり前が変わる瞬間」を皆様に、お届けしていきます。

令和4年1月吉日
CACAOLOGY代表 佐々部一宏

WRITER
CACAOLOGY代表
カカオロジスト 佐々部 一宏
Kazuhiro Sasabe

ONLINE STORE